Pocket


こんにちは!シドニーでローリングストーンズ号を見かけてテンション上がってる、株式会社NEW代表の岩崎です。

*毎月海外企画の詳細・取材希望の方はこちら
*シドニーのブログ01「NSEC語学学校(シドニー)受講生レポ」
*シドニーのブログ03  英語力ゼロ・30歳からのワーホリ留学を成功させるには?

オーストラリア留学が気になっている方へ

このブログでは、シドニーの中心部・タウンホール駅から徒歩すぐの ELC (English Language Company)語学学校 をご紹介します。(前回ご紹介のNSECさんから徒歩10メートルくらいでした!笑)


ここでは、ELCで代表を務める迫田さん(写真右)への取材のYouTube動画と、学校の詳しい情報を紹介します。ワーホリや留学で、オーストラリアの語学学校選びを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

(*英語業界では有名ユーチューバー、コペル英会話代表のイムランさんのご紹介で、今回の取材が実現しました。イムランさん、ありがとう!!!)

では早速ですが、取材の様子を見てみましょう!

ELC語学学校・迫田代表インタビュー

日本から転勤で、ELCの代表を務める迫田さんにインタビュー。

「英語ができるだけって、実は全然「大したことない」ですからね」

そんな話もあり、英語のその先を見ている人や、子供の教育に海外を視野に入れてる方にとても参考になる内容だと思います。

テーマごとに3つに分けましたので、ご覧ください!

動画01

・英語が伸びる人、伸びない人の違いは?
・ELCってどんなとこ?
・ワーホリで来ても英語力が伸びない人

動画02

・オーストラリア英語って訛ってないの?
・英語が通じないのは◯◯なだけ
・海外は楽しい

番外編

・英語を始めたのは30歳超えてから
仕事辞めたい・起業したいって人向け(笑)

迫田さん自身も代表として多くの学生を見てきているので、話が弾みまくりました笑 だいぶ編集で削りましたが、実際は2時間くらいしゃべった笑

結局、本気でやりまくれるどうか

前回のブログで紹介したNSECのカウンセラーMeiさんと迫田さん、実は全く同じ事を仰ってたんです。
それは何かというと、

「間違ってても恥ずかしがらずにアウトプットしまくる人が、話せるようになる」

でした。

だから恥ずかしがりの日本人はダメなんだ!という話ではありません。(そういう言い方する人いますけど)
ただ、言語を話したいのであれば、話しまくるしかない!恥ずかしい・・・なんて言い訳にできないレベルで、本気でやりまくれるかどうか? そういう態度で取り組むことこそ、英語でも何でも、本当の意味で人生を変える成果に繋がっていくんだなと感じました。

↑英語が話せれば、ここにいる人ほぼ全員と繋がれるんだぜ!

自分の最高の未来に向けて一歩踏み出し、コミットすること。それは日本にいようが留学しようができます。日本で本気になれないから留学、というのは大間違いで、どこにいようがやれる人だからこそ、留学という選択をした時に、素晴らしい成果になるんだと改めて感じました。

ちなみに僕の考える本気って、「我慢して耐える」ってのと全く逆で、「うっひょーー!今日も英語やりまくりだぜ!まだ全然わかんないけどそんなの関係ねえ!やってる自分って最高じゃない?」っていうイメージです(笑)そういう本気が、僕は大好きです^^

ELCはこんな語学学校を探している人にオススメ

あくまで僕が感じたことですが、こんな学校を探されてる方にELCさんはオススメです。

・シドニー中心地から近いとこがいい
・綺麗で落ち着く環境で学びたい
・世界中の人とたくさん会いたい

ELCは南半球最大のベストスクールを決める賞で、なんと過去に5回も最優秀語学学校賞を受賞した経歴があります。また、同賞を5度受賞した栄誉ある学校にのみ送られる『スーパースター』という最高峰の賞も受賞しています。動画の中で迫田代表も「講師の質がめちゃくちゃ高い」と言ってますが、こういう受賞歴があると余計にそうだなと思います。

学校名
ELC(English Language Company)語学学校

場所
495 Kent Street
Sydney NSW 2000
Google Map はこちら


こんな企画をやってる僕ですが、こう見えて「英会話のNEW」という英会話スクールの代表してます。
そんな「英会話のNEW」が配信しているLINE@に登録すると、月・水・金に「使える英語フレーズ」が無料で届きます。実際に弊社ネイティブ講師が受講生との対話で使っているフレーズが届くのはここだけ!お得情報・イベント情報も、LINE@で配信しています。

英語が楽しくなるNEW LINE@ 登録はこちらから!
友だち追加
弊社スタッフのMikiが配信担当。(オーストラリアへワーホリ経験有)

(↑盛ってます!と自白しているMikiプロフ写真)
読んでるだけで元気が出るMikiのLINE@、ぜひ登録よろしくお願いします!

そして僕、こう見えて、シルクドゥソレイユで通訳をしてました。
高卒フリーターで29歳の時に、その転機は訪れました。
そんな僕が人生賭けて伝えたい英語が話せる勉強法をこちらで公開中です。

あなたが英語を話せるようになる勉強法とは?

最後までお読みいただきありがとうございました!

Pocket