メニュー

■ アウトプットの練習 ■
■ テキストP44 2の(3)の③ について ■
■ p45 4 (2)(5) 文法の大文字、小文字の表記について ■
■ 問題集p10-1-(4)(指示代名詞について) ■
■ 問題集 P11-4-(2) ■
■ 問題集10ページ1の(5) ■
■ P45の5-(3)(冠詞について) ■
■ p.45/3(2)(人称代名詞) ■
■ P.45の5の(1) ■
■ P.45(6) ■
■ テキストP,45 6の家族に関する情報について ■
■ 5/7の他の受講者への下記回答「My family is four people.」 ■
■ テキストP14 ⑶ 5問目の MIke uses this room. ■
■ テキストP.62-63、3⑴They go to school on Saturdays. ■
■ テキストP.62-63、5⑴夕食を「つくる」 ■
■ 問題集p.13 5-4、p.14 3-5 ■
■ 一般動詞の疑問文(Do、Does) ■
■ 一般動詞の前置詞の有無 ■
■ 宿題p62の問2の(5)の【z】と【dz】の発音 ■
■ 時制の一致 ■
■ eatの使い方 ■
■ クイズの回答「いつも朝食で食べているもの」 ■
■ テキストp.63の5(4) ■
■ テキストp277 4の(3)■
■ 楽器を演奏するの動詞はplay ■
■ テキストPg.63/問6-(2)三単現のs ■
■ 発音を覚えるコツ(p.62の2(1)) ■
■ 命令文について ■
■ 代名詞について ■
■ p.277 練習問題の3の(2) ■
■ p.277 練習問題の
4の(3) ■
■ テキストP80,1(1)
■テキストP80,4(4)■
■テキストP80,5■
■see / look / watchについて■
■eatとhaveの使い方(感覚)について■
■一般動詞とbe動詞の使い分け(アドバイス)■
■問題集81ページ 4の(1)■


【問題集81ページ 4の(1)】

■質問■

問題集81ページ 4の(1)
だれが 教室にいましたか?
の英訳なのですが、

Who were in the classroom?

とは言わないのでしょうか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
こちらについてですが、5月22日に
同じようなご質問に対しての解説を
載せてますのでそちらのNoteも
ご参照ください🙇‍♂️

テキストP.245のCheckに
書かれている通り、
疑問詞(who,whatなど)は
原則として単数扱いになります。

今回の問題で、
絶対に複数人いることがあらかじめ
分かっている状態であれば、

Who were in the classroom?

と言うことはできますが、
前後の文脈もなく背景がわからない
状態での英作文ですので、
原則通りの

Who was in the classroom?

と言うのが自然ですね^^

以上、宜しくお願い致します。


【一般動詞とbe動詞の使い分け(アドバイス)】

■質問■

問題集P20 / 2番目
1.あなたは昨日、病気で寝ていましたか?。
Were you….
(You are …だからwere)
2.Did Jim listen…
(Jim listen…だからDid)

いつも質問文になると一般動詞と
be動詞が混乱することが多く、
一度平叙文に直して考えます。
どうしたら迷わず使えるように
なりますか?。

■解説■

★全受講生必読★
ご質問ありがとうございます!
めちゃくちゃ良い勉強法なので
絶対に継続してください^^
「分からなければ原点に戻る」
は非常に大事です^^

僕がよく言うセリフですが、
いまされている勉強方法は、
数学で言うと途中式を書いて
答えを導いてる状態です。
この途中式をすっ飛ばすと
「早く解けるけど間違いやすい」
状態になります。
早く成長したいあまり、
この途中式すっ飛ばしを
してしまう人がめちゃくちゃ多い
のですが、
僕は全くおすすめをしてません。。。

これをスラスラと
言えるようになるには、
地道ですがとにかく
反復練習しかありません。。。

岩崎さんも講義の最後に
1つの文章に対して、
平叙文→疑問文→否定文を
50回繰り返すと仰ってた通り、
途中式を飛ばさず音読を
ひたすらに繰り返してみてください^^
いつかどこかのタイミングで
迷わずスラスラ言える瞬間が来ます!

面倒だと感じるかもしれませんが、
「英語学習では面倒くさいことほど効果がある」
と僕は思ってます!

以上、宜しくお願い致します。


【eatとhaveの使い方(感覚)について】

■質問■

eat=「食べるという行為、
食べているもの」
に注目している場合
have=「食べている時間/空間」
も含んでいる場合

食べている時間、
空間も含むというのは、
日本語のシチュエーションにおいて、
例えばどういう時なのでしょうか??

先程の問題集の問題
(問題集p21の問題5(4)や、
p22の問題8(5)
では、『朝食に〜を食べる』
という文では『have〜for breakfast』
を使われています。)
だと、
前後の文脈がないので、
どういうニュアンスで
『朝食に〜を食べる(た)』=haveが
使われているのか
イマイチ分からないのですが、、

たまたま問題が2つともhaveが
使われていたので、
haveの方が英会話ではよく使われる
のかなと漠然と思ったのですが、
そういう訳ではなく、
シチュエーションによりけりだ
という解釈でよろしいでしょうか??

■解説■

ご質問ありがとうございます^^
これは文法的というより
感覚の問題なので、
これが正解!
というのはないのですが、、、

あと、前提としてhaveは
めちゃくちゃ使い勝手の良い単語で、
いろんな場面で使われまくってる
というのも知っておいてください^^
その上で解説しますねー。

eatとhaveの違いを日本語で言うと、
・「昨日は家族で晩御飯に焼肉を食べた」
・「昨日の晩御飯は家族で焼肉だった」
くらいの差ですね!

「昨日は家族で晩御飯に焼肉を食べた」
これは「焼肉」という豪華なものを
「食べた!」ことを主張する感じです。
※だからといってeatを使ったら
自慢してる!みたいには思われないので
ご安心ください笑
この場合は、I ate 〇〇 for dinner yesterday.
となります。

一方で、
「昨日の晩御飯は家族で焼肉だった」
この文だと直接「食べる」という
言い方はしていないですよね?
「焼肉屋さんに行った」とか
「家族で夕食の時間を過ごした」などの
空間も含めて伝えたいので、
食べるという行為だけに
注目していない感じです。
この場合は、
I had 〇〇 for breakfast yesterday.
となります。

どちらの方が英会話で
使われるか問題は、
その会話がどこで使われているか
次第ですね。。。
haveの方が丁寧な場面で
好まれる傾向はあります。

「朝ご飯食べた?」よりも
「朝ごはん済ませた?」
の方が丁寧に聞こえるのと
同じだと考えてください^^

以上、宜しくお願い致します。


【see / look / watchについて】

■質問■

文中に
watching many things made of snow
とあります。
watch は動くものを意識して見る、
seeは目に自然に
入ってくるものを見る、
lookはある一点を注意して見る、
と認識していますが、
合っていますか?
雪でできたものって
動かないと思ったのですが、
ネイティブさんたちはどう
使い分けますか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
「同じ日本語の意味を持つ動詞の使い分け」
についてですね。
とても良い質問です^^

同じ「見る」という動詞で
有名なのがseeなので、
今回は see / look / watch の
3つを扱いますね!

余談ですが、同じ意味を持つ動詞でも
lookだけは少し役割が違っていて、
seeやwatchはそのままですが、
look は atとくっついて
look at 〜で「〜を見る」
という意味になります。
※こちらは第9回「前置詞」のところで
詳しく扱いますね。

さてまず3つの動詞の
コアを見ていきます。

・see 「自然に目に入る/視界に入る」
→これは道端でボーッと前を
見ているときに「意識しなくても」
目に入ってくる物を見るイメージです。
例えば目の前を自転車が通り過ぎたら、
意識しなくても
目に入ってしまいますよね。
あの感覚です。

・look「視線を向ける」
→こちらは「見る」という動作よりも
「見ようと視線を向ける」
イメージです。
これは授業中に隣の人と私語をしていて
先生に「こっち向きなさい」
と注意されて先生の方に
顔を向けるイメージです。
大事なのは、先生の方に
「目線を向けること」にあります。

・watch「じっくりと見つめる」
→こちらは「対象物をじっくりと
目を凝らして見ている」イメージです。
意識を集中させて見てるイメージですね。

上記が「見る」という
動詞の違いになります^^
ご質問いただいている通りwatchは
「動くものを注意をしながら見る」
と学校などでは教わるので、
動かないものには使えないと
思われがちですが、
コアの意味は「じっと見つめる」
なので動きがないものでも使えます^^

今回のように
many things made of snow
「雪でできた沢山のモノ」
は動かないものですが、
「どんな風に作られているのか
じっと見つめている」
というイメージなので
watchを使っています。

以上、宜しくお願い致します。


【テキストP80,5】

■質問■

テキストP80,5
同じ言語を表す単語がくる場合、
sutudyとlearnの
使いわけはありますか?
講義では I study Enlglish.
問題週では、
Why did you learn Japaneses?
とありました。

■解説■

ご質問ありがとうございます!

日本語では、
study = 勉強する
learn = 学ぶ
と習うのであまり違いが分かりにくい
ところですよね。

●studyとlearnの違い
一言で言うならば、
study = 過程
learn = 結果
です!

I studied English yesterday.
と言うと、英語を学ぶという
過程を表しており、

I learned English yesterday.
と言うと、
英語を学習して「習得した」
という意味になります。
1日で英語を習得するのは
不可能なので、不適切な
文章ですが笑

問題集 P.22 7 (6)の
Why did you learn Japanese?
は日本語を学んで(習得した)という
ニュアンスが含まれてます。

以上、宜しくお願い致します。


【テキストP80,4(4)】

■質問■

テキストP80,4(4)
Whenで書き始めるか、
後半にwhen の文がくるかで、
違いはありますか?
,の位置だけですか?
どちらの内容を強調するかで
変わりますか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!

特に意味に変化はありません!笑
When〜から始めた時は、途中で
カンマをつける必要がありますね。

前回講義の最後でお伝えした通り、
「副詞」は自由人なので
位置が割と自由なんですが、
これは「副詞節」でも
言えることです^^

I played baseball yesterday.
Yesterday, I played baseball.
とどちらもで問題ないのと同じ
と考えていただければと思います!

以上、宜しくお願い致します。


【テキストP80,1(1)】

■質問■

テキストP80,1(1)
sing along の alongは、
副詞ですか?
sing along with me と sing with me
alongをつけるのとつけないのとでは、
ニュアンスに違いは出ますか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
alongは副詞で大丈夫です!
※他に前置詞の役割もありますが、
along withの場合は副詞です。

along withは「〜と一緒に」
という頻出熟語ですね!

●along with とwithの違い
文章だけでどこまで通じるか
分かりませんがお伝えをすると、
sing with me.
は対等な立場で共に歌ってる
イメージがあります。
せーので一緒に歌ってる
感じですね!

sing along with me.
alongにはそもそも「〜に沿って」
という意味があります。
along with meだと
「私に(私がやることに)沿って」
なので、
この文章だと、元々私が歌う
という流れがあってそれに
寄り添う形で一緒に歌ってね
というニュアンスになります。

補足で説明すると、
・get along with 人 は
「人とうまくやっていく」
という意味なのですが、
人に合わせるようにして
合わせてあげているという
意味が含まれています。

このように誰かの行動などに
寄り添いながらする場合に、
along withが使われます^^

以上、宜しくお願い致します。


【p.277 練習問題の4の(3)】

■質問■

p.277の命令文の練習問題4の(3)

郵便局へ行って50円切手を1枚
買って来てください。は

Please go to the post office and you will buy a fifty yen stamp.

はダメですか?
andの後は文という事で
主語動詞にしてみました。
~しなさい、そうすれば、
というニュアンスじゃなく、
ただの命令文のandですね?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
通じるかという意味で言えば
普通に通じますね^^

この問題に限って言えば、
・郵便局に行くこと
・切手を買うこと
の2つを命令文にしてほしい
というのが出題者の意図なので、

Please go to the post office and buy a fifty-yen stamp.

が正解になっています。

それから、この文だと、
pleaseがついて少し丁寧になり、
「〜してください、そうすれば。。。」
という意味になりますね!

andについて
第11回「接続詞」の回で扱いますが、
andの後ろは文だけじゃなくて
1語だけや句もきます^^
まだ解説はしませんが講義を
楽しみにしておいてください!

以上、宜しくお願い致します。


【p.277 練習問題の3の(2)】

■質問■

p.277の命令文の練習問題の3の(2)

Don’t open that box.の日本語訳は
あの箱を開けてはいけません。
でも大丈夫ですか?
thatはその、の方が良いんですか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
結論から言うと、
どちらでも大丈夫です^^
というより、シチュエーションに
よるのでなんとも言いにくい
ところがありますね。

例えば、
自分が箱を持っていて、
誰かに
Don’t open that box.
と言われた場合、
「その」の方が正しいです。
※相手からは遠いので
thisではなくてthat
※詳しくは第1回zoom8
スライド目をご覧ください

それに対して、
会話をしている2人から
遠いところにある箱を指さして、
Don’t open that box.
と言われた場合は
「あの」の方が正しいです。

というようにシチュエーション
によって変わってきます^^

あと、まだ慣れないかもしれませんが、
「日本語訳で考える」
というのは英語を習得する上で
障壁になりかねないので今のうちから
zoomのスライドのようにイメージで
捉える練習をしてみてください^^

以上、宜しくお願い致します。


【代名詞について】

■質問■

代名詞について質問させてください。
テキスト、問題集の中ではないのですが‥

復習用に使っている問題集の中に“それらは、
私たちのベッドではありません”を英語にしましょう
という問題があったのですが、
私は指示代名詞を使って、
Those aren’t our beds.
と書いたのですが
答えは
They aren’t our beds.
と人称代名詞を使った答えでした。
私は絶対thoseだと思ったんですが‥

“それらは私たちのベッドではありません”
という一文だけではどのベッドを指しているのか
分からないので指示代名詞を使いました。
(指を指しているイメージ(指))

仮にこの問題文の前に
「それらはあなたたちのベッドですか?」
の一文などあればTheyを使ったなとは思うのですが‥

なぜTheyが主語に来るのか分かりません。

■解説■

ご質問ありがとうございます!
これは、ちょっと問題集がよろしくないですね、、、

みなさんのために代名詞を再度まとめると、

・指示代名詞( this, that など )
※第1回zoom講義参照
→指を差しながら「あれ」などと言う場合に使う
→会話で初めて出てきた際でも使える

・人称代名詞 ( he, she, it など )
※同じく第1回zoom講義参照
→繰り返しを避けるために使われる
→2回目以降の文章で使える
例) Mr.Iwasaki is a musician.
He is a nice guy. など

で、今回の文章は”複数のベッド”が
主役なわけですが、
前になんの文章もないので初めて
会話に出てきたものになります。
そうなると、
使うべきは指示代名詞thatの
複数形 those になるはずなので、
書いていただいた答えで合ってます^^

以上、宜しくお願い致します。


【命令文について】

■質問■

命令文で相手はyouに決まっているとありました
否定の命令文で
Don’t be late for school.
ということは
You are late for school.
で合っていますか?

You =late ですか?
be動詞での=かそうでないかでよく悩んでしまいます。

名前や性格の=が明確なのはすぐ分かるのですが…

それ以外が分からなくなります…

■解説■

ご質問ありがとうございます!
質問の要素が2つあるかと思うので分けて解説しますね!

●Don’t be late for school.について
命令文は「目の前のあなた」に対して命令するので、
命令する相手はyouと決まってます。
なので、この文章は
「(あなたは)学校に遅れてはいけません」という意味になります。

でこれを無理やり平叙文に戻すと、
You are late for school.
になるのでここまではご理解いただいてる通りでOKです!

●be動詞の文章の役割
次に You = lateですか?の部分についてですが、
こちらは第1回寺子屋講義のノートを開きながら見てください^^

そこに「主語を説明する語」として、
名前や性格と合わせて「状態」と書いています。
今回のlateは状態を表してます!

例えば、
・I am tired.
→私は疲れている(という状態)
・He is sleepy.
→彼は疲れている(という状態)
というように主語の今の状態をBe動詞の文章で
表すことができるんですよね^^

今回は、
You are late for school.
→あなたは(学校に)遅れている(という状態)
となります。

これが命令文となり、
Don’t be late for school.
→学校に遅れるという状態になってはいけません。
→学校に遅れてはいけません。

になるわけですね^^
以上、宜しくお願い致します。


【テキストPg.63/問6-(2)三単現のs】

■質問■
復習していて気になったのですが…
テキスト練習問題Pg.63/問6-(2)
The party (starts) at six.
ニュアンス的にsが付くのはなんとなく分かるのですが、
なぜsが付くのかよく分かりません。
Jackが言ってるので、三単現のs、と言うことでしょうか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!

今回の文章、
The party starts at six.
の主語は The partyですよね!

第2回講義でも扱ったように、
主語が【自分と話し相手以外の誰か1人、もしくは何か1つ】
の時は動詞にsがつきます^^

The partyは三人称単数ですので、
動詞にsがついてる形ですね。

以上、宜しくお願い致します。


【楽器を演奏するの動詞はplay】

■質問■
日本語では、楽器によって動詞が異なりますよね。
弾く、吹くなど。
英語は、どの楽器もplayでよいのですか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!

はい! playは幅広い使い方が出来るので基本的にどの楽器も
playでOKです🙆‍♂️

「play the 楽器」
で覚えてください^ ^

以上、宜しくお願い致します。


【テキストp277 4の(3)】

■質問■
テキストp277 4の(3)
回答ではPlease go to the post office and buy a fifty-yen stamp.
となっていますが、私はandではなくtoで回答しました。
toを使った状態で翻訳ソフトにかけると意味はあっていたのですが、
この場合andの代わりにtoを使っても問題ないのでしょうか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!
それでも通じるので問題ないかと思います^^

toを使った場合は、
「切手を買う為に郵便局に行ってきてください」
といったイメージですねー。

問題の意図は、
・郵便局に行く
・切手を買う
の2つの動作を丁寧な命令文にするというのがあるので、
go to the 〜 とbuy a 〜.を接続詞andで結んでる文章を
正解例として出してるのだと思います^^

以上、宜しくお願い致します。


【テキストp.63の5(4)】

■質問■
テキストp.63練習問題
質問②
5-(4)Where does Jennifer live in?と訳したとこ
ろ解答ではinは付いていませんでした。
liveの後ろのinに本来の場所(where)が対応するから
付くような気がするのですが、なぜ付かないのでしょうか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!
こちらは第12回「疑問詞」で解説しますので
その時もまたお楽しみにしておいてください^^
まず、疑問詞というのは「聞きたい箇所を疑問詞」にする
というルールがあります。
「誰か」を聞く→who
「いつか」を聞く→when
「どこか」を聞く→where
となります。

で、第1回「Be動詞」の2つ目の役割でお話した通り、
場所を表すのは『前置詞+場所の名前』になります。
in the libraryとかon the tableなどですね^^

この時、前置詞もセットで場所を表すと覚えておいてください。
例えば、libraryを例に挙げると、
in the library
at the library
near the library
で微妙に場所が異なりますね?
このように前置詞もセットにしておく必要があります^^

今回の問題の場合、もとの文章が
Jennifer lives in the U.S.
だったとしたら the U.Sだけでなく、
in the U.S 全部をwhereに変える形になります。

まだ習っていない箇所の解説も入っているので、
分かりにくい部分もあるかと思いますが、
以上、宜しくお願い致します。


【クイズの回答「いつも朝食で食べているもの」】

■質問■
【最初の質問】
I drink coffee and greentea mixed and bread for breakfast.

と思ったのですが。
翻訳に頼ってみると…

先にパンを食べるの
I eat breadを前に置くのが正解みたいにでてきましたが
どうでしょうか?

【裕香さんより】
良かったらご自身の正解の「全文」を再度書いてみて、
送ってもらえますか?

【裕香さんの質問への返答】
I eat a bread and drink and mixed with coffee and green tea.

■解説■
ご質問ありがとうございます!
どちらが先にきてもOKです^^

あと今回の質問の箇所ではないですが、
第5回zoom回
第11回「接続詞」
あたりが今回書いていただいた文章の単元になるので、
そちらも楽しみにしておいてください^^

以上、宜しくお願い致します。


【eatの使い方】

■質問■
クイズの解答です
朝食について

I take yogurt and coffee for breakfast.

ヨーグルトは食べるもの、コーヒーは飲むものですが、こういう時に、
I eat yogurt and coffee〜とeatでまとめて良いのでしょうか?
eat yogurt and drink coffeeが良いのでしょうか?
まわりくどい感じがして、takeにしてみました。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
こちらは分けた方が良いですね!

まず、
eat=「食べるという行為、食べているもの」に注目している場合
have=「食べている時間/空間」も含んでいる場合
take=「定期的に飲んでいる薬」などの場合
とそれぞれ動詞を分けます。

ちなみにdrinkは飲むなどで当然飲み物に使用しますが、
スープの場合はスプーンを使って食べるのでeatです。

これらを踏まえて、
・ヨーグルトという具体的な食べものに注目していて、
ヨーグルトはスプーンで「食べる」ので eat
・coffeeは飲み物なのでdrink
を使います。

まとめると、
I eat yogurt and drink a cup of coffee for breakfast.
になります^^

以上、宜しくお願い致します。


【時制の一致】

■質問■
時制の一致は、どういう時に起こりますか?

たとえば、
彼は誰がここに住んでいるのか知らなかった。

He didn’t know (that) who lives here.
で良いのか
He didn’t know (that) who lived here.
でしょうか。すみませんが、読んでもよくわかりません。宜しくお願いします。

■解説■
※注意:難易度が高いので難しい方はスキップしてください

まず、この文章を2つに分けます。
↓この分け方は第11回で「接続詞」扱います。
主節: He didn’t know.
→「彼は知らな”かった”」
従節: who lives here.
→「誰がここに住んで”いる”か」

日本語だと、2つに分けられた文章が、
1つは現在形、もう1つは過去形でも全く問題がないのですが、
英語はここを一緒にする必要があります。
その際に、「時制の一致」は起こります。

この時、英語では「主節側の時制に合わせる」というルールがあります。
今回、主節は「過去形」ですので、従節もこれに合わせて過去形にします。
なので、
He didn’t know who lived here.
が正解になります^^

日本語訳で考えるとついつい混乱しちゃいますので、
寺子屋が終わる頃には日本語で考えなくて良い力が身につくといいですね^^

以上、宜しくお願い致します。


【発音を覚えるコツ(p.62の2(1))】

■質問■

テキストp.62練習問題
質問①
2の(1)をEと回答して誤りました。「バイズ」とカタカナ発音して
「iz」だと思ったのですが、発音問題は覚えていないと解けないでしょうか?
無数にある英単語のどれがどの発音になるかをどのように覚えていくのかの
コツを知りたいです。
■解説■

こちらの動画で解説(岩崎さん)


【宿題p62の問2の(5)の【z】と【dz】の発音】

■質問■
宿題p62の問2の(5)をC【z】と答えました。【z】と【dz】の違いが
微妙でわかりにくいので発音お願いしたいです。

■解説■
素晴らしい着眼点ですね!

こちら郵送させて頂いた発音テキスト、ロックフォニックスがまさに練習にピッタリです。

動画をぜひ見て頂いて、練習してみて下さい。この2つの発音の違いは本当に難しいので、
焦らず動画とテキストにあるポイントをまず知ることからやってみてください。(岩崎)


【一般動詞の前置詞の有無】

■質問■
宿題をやって気づいたのですが、一般動詞のなかで前置詞があるものとないものが
あったのですがその違いはなんですか?問1の(4)ではatという前置詞を置いているのに
問1の(6)では前置詞が置いていなかったからです。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
「宿題をやるだけ」ではなく深く注意深く問題を見る
姿勢素晴らしいので継続してください^^
またご質問される際はテキスト/問題集のページ数も併せて
質問していただけると助かりますm(_ _)m

こちらについては、
テキストP.52を見ながら解説を読んでいただきたいのですが、
一般動詞には2種類あります。
※第9回講義「前置詞」の回で詳しく扱いますので、
今回は一旦知っておくレベルでOKです。
①他動詞
→後ろに目的語が必要
②自動詞
→後ろに目的語を置かない(置けない)
※解説の都合上、テキストとは順番を逆で書いてます。

分かりやすい例で言えば、watchとlookですね。
watchは”他”動詞なので後ろに目的語を置くことができます。
例) He watches TV every day.
動詞がwatchで、TVが動詞の目的語になっていますね^^

それに対してlookは自動詞なので、
He looks me.のように後ろに直接、目的語を置く文章は作れません。
この時、目的語の前に”クッションとして前置詞を置く”ことで、
他動詞と同じように目的語を置くことができるようになります。
例) He looks at me.

これが前置詞の役割1つ目です^^
ただ、今回ご質問いただいた内容は前置詞のもう一つの役割である、
「場所を表す前置詞」になります。

今のところはこの理解でOKです!


【一般動詞の疑問文(Do、Does)】

■質問■
be動詞の疑問文では、主語とbe動詞を入れ替えてる文を組み立てるのに対して
一般動詞ではなぜいきなりdo•doseが文頭にくるのでしょうか?
どこから出てきた?と疑問に思いました

■解説■
素晴らしい着眼点ですね!
実はこれ、前回講義の最後に岩崎さんと一緒に解説しようとして
辞めた箇所なんですよね^^;
と言うのも、いま教えてしまうと混乱してしまいかねないので、
第6回「助動詞」のあたりで扱う予定にしています。
大変恐縮ですが、理解度を見ながらの解説としているのでご理解いただけますと幸いです。

ノートにメモ書きでこちらの質問を書いておくと備忘録になるので良いかと思います!


【問題集p.13 5-4、p.14 3-5】

■質問■
問題集p.13 5-4、p.14 3-5
Where、When、What、How、Whyなどはdo•doseを使うのに
Whoはなぜdo•doseを使わないのでしょうか?

■解説■
こちらは第12回「疑問詞」の箇所で扱うのと今やるとこんがらがる
可能性があるので、軽くだけにしますね!
ちなみにwhatもdoがつきます^^

テキストP.244参照
・who/whatは「疑問代名詞」
・where/when/how/whyは「疑問副詞」
で違う品詞なんです^^
なので「文章の作り方もルールが違う」ということだけいまは
理解しておいていただければOKです!

ちなみに綴りはdoseではなくdoesなのでご注意ください。


【テキストP.62-63、5⑴夕食を「つくる」】

■質問■
5⑴夕食を「つくる」とあったので、cookではなくmake dinner
と書きました。makeでも正解ですか?
cook とmake では何かニュアンスが変わってきたりするのでしょうか。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
調理法についてはmake/cookをよくごちゃまぜに使う方が多いので、
しっかりと使い分けをするクセを付けてもらえばと思います^^

どちらも作るですが、
make=サラダなど加熱しないものを作る時
cook=加熱したり調理する時
と分かれています。
一般的に英語圏ではdinnerは手の込んだものを作るので
火を通す料理だと想像してcookを使います。

また、目的語の部分に食材が来て、
その食材に対しての調理方法を表現したい場合は、
bake →(オーブンなどで)焼く
fry →焼く/揚げる
steam→ 蒸す
boil →茹でる
例) I’m boiling eggs.

のような書き方で表現します^^


【テキストP.62-63、3⑴They go to school on Saturdays.】

■質問■
テキストP.62-63
3⑴They go to school on Saturdays. とありますが、
なぜ曜日の後ろにsがつくのですか?
毎週土曜日に学校へ行く”習慣的”意味合いのsという認識で合っていますか?
■解説■
ご質問ありがとうございます!
素晴らしい着眼点ですね!

内容はご理解いただいている通りです^^
“習慣的に繰り返して”土曜日に学校に行くので、
土曜日が複数ある=複数形になってます。
確実に毎週土曜日に行ってるのであれば、 every Saturdayになりますが、
on Saturdaysだと行かない日もある可能性があります。


【テキストP14 ⑶ 5問目の MIke uses this room.】

■質問■
テキストP14 ⑶ 5問目
MIke uses this room.
(下線部が答えの中心になる疑問文に)
Who use this room?と答えました。
ここがusesになるのは答え方が、MIke does, My mother doesなどの
三人称単数だからかなと思ったのですが、
考えてみたらWe do, I doなどの三人称単数以外の答えもあるな…と。
なぜWhoの後はusesになりますか?。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
こちらテキストではなくて問題集の方ですね^^

who/whatなどは疑問詞と呼ばれていて、
寺子屋では第12回でしっかい扱うので今回はざっくりの理解でいいのですが、

テキストP.245 Checkにあるように
これらの疑問詞は「単数扱い」となります。
自分と話し相手以外の誰か1人なので三単現で動詞にs(es)がつくという形です^^


【5/7の他の受講者への下記回答「My family is four people.」】

■質問■
5/7の他の受講者への下記回答↓の「My family is four people.」
だとなぜ誤りなのでしょうか?

もし可能でしたら教えていただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

※この質問です
『<質問>

宿題の答えで1つ質問させてください。
P,45 6の家族に関する情報で、「4人家族です」と伝えたい場合、
「My family is four people.」は間違いでしょうか?

<解説>

ご質問ありがとうございます!
4人家族と伝えたい時、
こう書いてしまいがちなのですが
これだと伝わらないので間違いですね^^

正しくは、
We are a family of four.
となります!
be動詞を使って
We = a familyを表現して、
ofの後ろに人数を入れる形が正解になります^^』

■解説■
ご質問ありがとうございます!
解説に対しても深掘りする姿勢素晴らしいです^^

なぜ、My family is four people.が誤りかというと
通じなくはないのですが”直接的すぎる”からです。
確かに英語の文章で見ると、My familyは4人だからイコールで繋げばいいのでは?
となるんですが、これをそのまま日本語に置き換えると、
「私の家族は4人の人間です」と言っている感じで、
言われた側からすると「うん、まぁ言いたいことは分かるけども。。」
となりますよね笑

そうではなくて、
「私たちは4人で構成されている家族です」と具体的に表現した方が
相手に正確に伝わります^^

なので、 We are a family of four.と表現します。


【テキストP,45 6の家族に関する情報について】

■質問■
宿題の答えで1つ質問させてください。
P,45 6の家族に関する情報で、「4人家族です」と伝えたい場合、
「My family is four people.」は間違いでしょうか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!
4人家族と伝えたい時、こう書いてしまいがちなのですが
これだと伝わらないので間違いですね^^

正しくは、
We are a family of four.
となります!
be動詞を使って
We = a familyを表現して、
ofの後ろに人数を入れる形が正解になります^^


【P.45(6)】

■質問■
質問です!Pg.45(6)
解答例で、My mother usually stays homeのところですが、
なぜ、stays at homeではないのでしょうか?

schoolはatがつきますが…
私の理解では、場所=atをつける!
テキスト第10章の冠詞のところを読んでみましたが、
ますますconfuseしております。
これは質問にあった、an American、と同じ質問内容ですか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!
結論から言うと、
stay homeと
stay at homeどちらも正解です^^

が、それぞれ品詞が違います。
●stay homeの場合
この場合のhomeは「副詞」です。
※テキストP.171参照
副詞は1語だけで場所や時を表せるのですが、
似たような単語で言うと、hereが代表的ですね!
I’m hereも前置詞がついていないのに「場所」を表してますよね^^

●stay at homeの場合
それに対して、at homeの場合のhomeは「名詞」です。
これは前回の講義で扱った前置詞+名詞のパターンです!
「前置詞は名詞の前に置くから前置詞と呼ぶ」とお伝えしたように、
homeの前にatを付けてる形ですね^^

本来もう少し踏み込んだ解説をしたいところなのですが、
今のところはhomeの役割が違うとご理解いただければOKです!

ちなみに、
at, in, of, to, for などは「前置詞」
a, an, theは「冠詞」
なので全く別の役割になります。


【P.45の5の(1)】

■質問■
宿題についての質問です。
P.45の5の(1)の答えは
Nicole is my sister and an English teacher.は間違いですか?
she isはand の後に来ますか?

■解説■
ご質問ありがとうございます!
こちらでも正解ですよ^^


【p.45/3(2)(人称代名詞)】

■質問■
p.45/3(2)
疑問文の中で「this」「that」「it」という単語が主語になっている文では
答えるときに全て「it」を使って答えていくと調べると出てきたのですが
なぜ上記のものはそのまま
Yes,this isなどと答えないのでしょうか?
流れで何となく覚えていて答えるときはYes,it isとはでてくるのですが
深く考えてみるとわからなくなってしまいました

■解説■
こちらは次回zoomで扱うところなので、
そちらも聞いてご理解を深めていただきたいのですが、
英語の文法は疑問文の答えは、「人称代名詞」
を使って答えるというルールがあります。
※第12回で扱う疑問詞を使った疑問文を除く。

代名詞の種類
※テキストP.150を開きながら読んでください。
●指示代名詞
こちらは指で示すとあるように、指さしをしながら「これ!」「あれ!」という風に
話し手が何について話しているかを明確に指差をして表してるイメージですね^^
This book is interesting. (この本は面白い)
→いろんな本がある中で私は今指差ししている「この本」が面白いよと聞き手に伝えている。

●人称代名詞
それに対して人称代名詞は「既に話題に出ていて何を指してるか
分かっているもの」の代わりに使います。
第1回講義の中で、Mr.Iwasakiって続けるのはしんどから、
heに置き換えましょうとお伝えした部分ですね!
英語は繰り返しの表現を避けたがるので代名詞が使われます。

で先程の文章を疑問文にすると、
Is this book interesting? になりますよね。
このときは、どの本を指しているかわからないので指差しの
「指示代名詞」を使わないといけないわけです。

で、答える時は
「どの本について聞かれているか分かっている」状態なので、
指差しをする必要がないわけです。
なので、指示代名詞ではなく人称代名詞を使って、
Yes, it is.
という答えになります^^

詳しくはzoomの講義でお話しますので、
一旦、人称代名詞と指示代名詞の違いだけ抑えてください^^


【P45の5-(3)(冠詞について)】

■質問■
質問なのですが、P45の5-(3)です。
an Amelicanというようにanを付けてしまったのですが、
a/anを付ける付けないが、どうしてもハッキリ腑に落ちないんです。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
冠詞の質問ですね^^

まず、a,an,theは冠詞と呼ばれるのですが、
冠(かんむり)の言葉と書きますよね。
では何に被せる冠なのかというと、「名詞」です!

ここまでが前提で、
AmericanやJapaneseは大文字なので名詞と間違えられやすいのですが、
実は形容詞です!
なので、名詞に被せる冠詞は付かないんです^^

冠詞についての詳しい講義は第5回寺子屋zoomでお話するので、
楽しみにしておいていただければと思います!


【問題集10ページ1の(5)】

■質問■
問題集10ページ1の(5)

What are these books?
のtheseをthay’re で答えています。解説には、1マスなので短縮形で答えるとなっていました。
もし2マスあればthese are dictionary.と答えて良いですか?
they are dictionary.と答えるべきですか?
代名詞のページを見てみましたが、今ひとつ複数の代名詞の使い分けがわかりませんでした。

(説明に対する補足)

昨日出した質問ですが、昨日テキストを読み直し答えをみつけました。

thayで答える、ですね。

■解説■
ご質問ありがとうございます!
自ら進んで答えを探す作業はとても大事なのでこれからも続けてくださいね^^

2点修正がありますのでお伝えします。

①dictionaryについて
こちら第5回zoomで扱いますが、2つ以上を指す時は複数形になるので
dictionaryではなくdictionariesとなります^^

②thay’reについて
こちら「彼ら/彼女ら」を意味する単語はthey ですので、
スペルだけお気をつけください^^


【問題集 P11-4-(2)】

■質問■
問題集 P11-4-(2)
学校の創立の説明ですが、私は以下の英文を書きましたが間違いでしょうか?
Our school was build at 50years ago.

■解説■
こちら受動態で書かれたということですね^^
受動態で書くこと自体は合ってますが文法的に直すところが2つありますね!

【1】受動態は〈be動詞+過去分詞〉
が基本形です。
※過去分詞については第7回「現在完了」で扱います。

buildは現在形なのでこれを過去分詞にして、 builtにする必要があるので、
Our school was built 〜.になります。

【2】at 50 years ago について
50年前と表現するとき、atは不要で
50 years agoのみになります^^

これらの「時を表す表現」については第3回「過去形」
前置詞については第9回「前置詞、句と節」
で扱います。


【問題集p10-1-(4)(指示代名詞について)】

■質問■
問題集p10-1-(4)
these/those ○○がtheyになるのがピンとこないです。
ThisやThatもなんとなくそのまま使いたくなってしまいます。
参考書p153指示代名詞のページは読んでみたのですがもやもやしてます。

(質問内容についての補足説明)
theyは彼ら、彼女ら といった複数の人を表すイメージが強く
itの複数系であることを忘れてしまうのですが良い覚え方や考え方はないかと思い
質問しましたが、意味は理解出来ているので回答は不要です。
No those aren’t と使えないのかなと思って質問しましたが、
those buildings で一単語のためthoseだけでは主語にならないと理解しました。

■解説■
こちら解説不要とのことですが、第1回寺子屋zoomでも扱いますので、
そちらでも分からなければまた質問してください^^
この質問内容も頭に入れながら講義しますね!


【p45 4 (2)(5) 文法の大文字、小文字の表記について】

■質問■
p45 4 (2)(5) 答えが Jane,Are you~ Oh,It is~
大文字で始まると思っておりましたが
,の次の文字は小文字で始まるのは
文章の途中だからであってますか?

■質問■
ご質問ありがとうございます!
ご理解の通り、英語の文章の始まりは必ず大文字というルールがあります^^

テキストP.19を見ていただきたいのですが、
・終止符(.)ピリオドは文の終わりに使う
・コンマ(,)コンマは文を途中で区切る
とあります。

なのでピリオドの次は次の文の始まりなので大文字、
コンマの後は文を途中で区切ってるだけなので小文字を続ける
という理解をしてもらえればOKです^^

ちなみに、
I (私)や固有名詞(人の名前、土地の名前)は文章の途中であっても必ず大文字になります!


【テキストP44 2の(3)の③ について】

■質問■
Homeworkに関して質問
テキストP44の、2の(3)の③、Whoで始まる疑問文にする

Who is absent from school today?に対して、
答えるには、Johnny is.
そのあとの、absent~は、会話では繰り返し言うことはない、
と理解していいですか?

あるとすれば、Johnny is, he is sick. などでしょうか?

■解説■

ご質問ありがとうございます!
はい、ご理解の通りabsentは繰り返しません(^^)
※whoなどの疑問詞は第12回で詳しく扱いますので、
少しだけ首を長くしてお待ちください🙇‍♂️

後ろになにかを続ける場合は、
Johnny is.とピリオドで文章を区切ってから、
He is sick.などと続けます(^^)


【アウトプットの練習】

■質問■
Homeworkに関して質問
テキストP44の、2の(3)の③、Whoで始まる疑問文にする

Who is absent from school today?に対して、答えるには、

Johnny is. そのあとの、absent~は、会話では繰り返し言うことはない、と理解していいですか?

あるとすれば、Johnny is, he is sick. などでしょうか?

■回答■

ご質問ありがとうございます!
はい、ご理解の通りabsentは繰り返しません(^^)
※whoなどの疑問詞は第12回で詳しく扱いますので、少しだけ首を長くしてお待ちください🙇‍♂️

後ろになにかを続ける場合は、
Johnny is.とピリオドで文章を区切ってから、
He is sick.などと続けます(^^)