・外国人講師の英会話スクール
・オンライン英会話
・英語コーチング

世の中には様々な英語学習法がありますが、このどれも、ある力が無いまま受けると、「英会話ごっこ」のまま成長が止まり、英語に挫折することになります。

英会話ごっこって?

☑️単語だけで無理矢理コミュニケーションしている
☑️「使えるフレーズ」を沢山丸覚えしたのに、いざとなると全く使えない
☑️学んだフレーズやテキストは読めても、自分で英文を作れない

つまり、丸覚えの単語やフレーズを練習するだけで、いつまでも自分の言葉で話せない。これが「英会話ごっこ」の状態だと言えます。

抜け出すには?

ちょっと見てみて欲しいんですが、英会話スクールや英語系インスタなどでもよく紹介される、こんな「使えるフレーズ」があります。

I have been into reading ever since Tom gave me a tablet.
「トムがタブレットを私にくれてから、読書にハマってます」

初心者には、かなり理解が難しいですよね。

理解が難しいので、とりあえず

「have been into A = Aにハマっている」を覚えておこう!

と思った方、、、「英会話ごっこ」一歩手前、危険信号です!

英語がしっかり自分の言葉で話せる人は、以下のような理解ができる人です。

I have been into reading ever since Tom gave me a tablet.

1. I は代名詞で主語
2. have been は be動詞の現在完了形 
3. be into A で「Aにハマっている」。into は前置詞で、後には名詞しか来れないので read を動名詞にして reading とする
4. この since は、後ろに主語+動詞が来ているので接続詞
5. ever は副詞で、since を強調している
6. gave は一般動詞 give の過去形
7. a は数えられる単数名詞の前につく冠詞


英文法が「正しく」インプットされていれば、このように瞬時に英語を分解でき、英語の文章の作り方のコツが掴めてきます。

しかし、ほとんどの英会話スクールでは、あなたが上記のように英文法を理解しているかどうかは無視して、「今日はこのフレーズを覚えましょう!」「be into を覚えましょう!」と言います。

繰り返しになりますが、英文法の理解ができていないのにいくら一生懸命覚えても、結局使えないので、いつまでも「英会話ごっこ」は終わりません。

そんな 英会話ごっこ で、あなたは満足ですか?

いいえ、違いますよね。あなたはきっと、

「英語で自分の言葉で話せるようになりたい!」
「相手の話していることもしっかり理解したい!」

そんな夢を描いて、英語を学ぶことを決めたのではないでしょうか?

もし、あなたがそんな英語力を手に入れたいのなら、あなたに今必要な力は間違いなく文法力です。

「使える英語力」を身に付けたい方へ

では、どうしたら「英会話ごっこ」から脱却し、英語の「文法力」を身に付けることができるのでしょうか?

まずは、最も重要な基礎となる「中学レベルの英文法」を押さえることからスタートしましょう。

より詳しく知りたい・英文法の基礎をしっかりやり直したいという方のために、今だけ(4/11で募集終了)の大切なお知らせがあります。それは、英文法の基礎マスター講座の説明会のご紹介です。

LINE登録で、参加費通常3,000円→1,000円で参加できます。今すぐ登録して、英語上達に必須の情報を受け取ってください。
⬇️⬇️⬇️
今すぐ英文法説明会のお得情報を受け取る

私たちがお伝えします


有名外大や専門学校で1000人以上に英語指導をしてきた出野と、純日本人からシルク・ドゥ・ソレイユや「Youは何しに日本へ?」で通訳をするまでになった岩崎が、あなたの英語力アップのお手伝いをさせて頂きます。
⬇️⬇️⬇️
今すぐ英文法説明会のお得情報を受け取る