Pocket

こんにちは!英会話のNEW 岩崎です。



突然ですが、こちらガンジーです。

弱い者ほど
相手を許すことができない。

許すということは
強さの証だ。

し、しぶすぎる。。。
多くの名言を残されていますが、これもその1つ。

forgiveという単語の語源は?

ガンジーさんも「許す」ことの大切さを言っておりますが
英語で「許す」は ”forgive”  と言います。

“I forgive you.”
「許してあげるわ」って感じで使えます。
(意味深www)

で、今朝ふと

「for = 〜のために
 give = 与える だよな。

 なんでforとgiveで、許すなん?」

という疑問が沸いて、調べてみたんです。
すると面白いことがわかりました。

img_6437

forが接頭辞=「完全に」

for = 〜のために、ではあるんですが、
接頭辞(単語の頭につく)と、
「完全に」という意味合いを持ちます。

例えば、forever(=永遠に)。

for = 完全に
ever = 語源的には「どんなときでも」

これで「永遠」という意味になるのは、何となーーくわかる感じ、しますよねw

・・・・・・・

そして、forgive。

for = 完全に
give = 与える

 

「完全に与える = 許す」

 

・・・これを知ったとき、
ちょっと「わお!」ってなりましたw

 

だってですよ・・・

完全に与えることは、許すこと。
許すことは、完全に与えること。

 

・・・・ちょっと!!!

 

深すぎるんですけど!!!(笑)

 

ホント、言葉作った人、天才ですよね(笑)
言葉ってそういう意味でも面白いです♩

こんな風に「へえー」っていう情報も楽しみながら、
自然とボキャブラリーや表現を増やしていくと、
英語が「使える」実感が掴めていきます。

いくら理屈や文法を勉強しても、使わないと使えるようにならないのが英語

「英会話のNEW・英語が楽しくなるLINE@」に登録すると、月・水・金に「使える英語フレーズ」が無料で届きます。

元シルクドゥソレイユ通訳の私と、
弊社ネイティブ講師が厳選した単語・フレーズなので、
「これは使える!」と大好評です!
英語が楽しくなるNEW LINE@ 登録はこちらから!
↓↓↓
友だち追加

弊社スタッフのMikiが、元気いっぱいにお届けします!

 

外国人と交換日記しませんか?

・言いたかった表現を、自然な英語にできるのが嬉しい!
・こんな表現があるんだ!っていう発見が楽しい
・返事はまだかな?って英語のことを考えてしまうー!

そんな声を沢山頂いている
「外国人と交換日記プログラム」 が大好評です!

交換日記の詳細はこちら!
header-pc

Pocket