Pocket

こんにちは!英会話のNEW 岩崎です。

久しぶりの更新です、すいません!

なぜかというと、
この2月に入ってすぐに、
インフルエンザにかかってました・・・
風邪とインフルエンザ

4-5日、仕事部屋で隔離生活。
人生初だったし、
恐ろしい高熱にビビりました(笑)

ほんと流行っているので、読者の方でも、
かかった同志の方はいるのではないでしょうか?

いやー本当、
思い出したくないですよね!(笑)

ただ、
インフルエンザになったおかげで、
英語学習者の多くの人が苦手意識がある、

「aとtheの違い」について、
ちょっとわかりやすい解説が
できることに気付きました^^

ちょっとしたヒントの積み重ねで
aとtheは理解を深めていくものです。

今日の解説、もしわかりやすかったら
ぜひ「わかりやすかった!」と
返信くれたら嬉しいです!

ではいってみましょう!

 

英語で言えるかな?

「風邪をひいた」は英語で?

”I got a cold.”

と言います。
(”I caught a cold.” などもOK)

 

しかし「インフルエンザになった」は英語で

”I got the flu.”

と言います。

 

風邪は a cold、インフルは the flu

ここで鋭い人は、

「え、
なんで風邪をひいた、は a cold で、
インフルの場合は the flu なの?」

と気づいたかもしれませんね。

早速ですが、
どういう理屈なのか解説しましょう!

 

解説

まず、I god a cold. ですが

a cold
= いっぱい風邪の菌ってあるけど、その中のひとつ

と英語では考えます。

鼻風邪、熱風邪、のどの風邪・・・
いろいろある中の「ひとつ」

それを get したから、

”I got a cold.”

なのです。

 

逆に、I got the flu. は、

今年僕もかかったインフルのウイルスは、
一種類しかない。

今年のインフルはこれ、と
ウイルスを「限定」できる。

それを get したから、

”I got the flu.”

なのです。

これが、a と the の持つ感覚であり、違いです。

 

とにかく使って間違えていこう!

いかがだったでしょうか?

そんな a と the ですが、
はっきり言って使いこなすのは
僕たち日本人には超むずかしいです^^;

ウチの受講生さんからも、
「a と the がわからなくなります!」
と、よくご相談頂きます。

そんな時に
僕がいつもお伝えするのは、

ーーーーー

aとthe の違いは大事だけど、
少々間違えても問題なく通じるから、
まずは気にしなくて大丈夫!

間違いを恐れずに使って、
どんどん間違えて、

「ここはaなんだ」
「ここはtheなんだ」
と、その都度理解して、
少しずつ掴んでいく
のがベスト!

そうしたらある日、
「あ!なんかわかったかも!」
って日が絶対に来ます!

ーーーーー

ということをお伝えしてます。

間違えるからこそ成長がある!
人生、いっぱい間違えた方が
楽しいじゃない?

人生は楽しむためにあるらしいぜ!

今日のフレーズ

「インフルエンザになりました」は英語で?

”I got the flu.”

* 今日は特にもう解説いらないですね(笑)

「英語が話せる7つの習慣」無料メール講座

500名以上が登録している、元シルクドソレイユ通訳、Youは何しに日本へ?でも通訳も務めた岩崎の辿り着いた「英語が話せる7つの習慣」。7日間の無料メール講座で、英語が話せるようになる方法をわかりやすく大公開中!

Pocket