英語で人生オモロくしようぜ!英語が苦手な忙しい大人達のためのマンツーマン・オンラインスクール。全国どこからでも受講可能

IT英会話のNEW
電話番号06-6568-9097
お問い合わせ

映画を字幕ナシでわかるリスニングトレーニング方法

Pocket

こんにちは!英会話のNEW 岩崎です。

「映画や海外ドラマを字幕ナシで見れるようになりたい!」と思う方は多いのではないでしょうか。僕も英会話スクールをしていて、そういう目標を持っている方には数多く会ってきました。

・・・実は、とっても言いづらいのですが(メルマガにも書いたのですが)もし今の英語レベルが初心者〜中級者レベルの方の場合であれば、「字幕ナシでという目標は、一旦あきらめましょう!」と、精一杯明るい声でお伝えしています。

映画は相当レベルが高い

なぜかというと、映画というのは(作品によりますが)「超ハイレベル」だからです。どれくらいハイレベルかというと、英検1級を持ってる人、アメリカの大学に行ってた友人、そんな人でも口を揃えて言うのは「映画は難しい」と言う位です。

例えるならば、プロ野球選手でも打つのがむずかしい魔球を、これから少年野球に入ろうっていう人が「あの魔球が打てるようになりたいです!」というようなものなのです。(これ、我ながらいい例えだと思います(笑))

トレーニング方法は、ある!

ですが!ですがですよ。それでもやっぱり魔球打ちたいじゃないですか。ひょっとしたら、練習しまくったら、魔球を打てるようになるかもしれないじゃないですか。何てったって、「不可能が可能になる場を提供する」ってのが当スクールのミッションです。

というわけで、「映画って相当ハイレベルなんだ」というのはわかった上で、それでも「確かに字幕ナシでも見れるようになってきた」と体感できるようになるトレーニング方法を今日はお伝えします。

この方法で取り組めば、確実にリスニング力がアップします。確実に、です。ではいってみましょう!

映画を字幕ナシでわかるトレーニング方法

まずは映画のDVDを用意します。字幕と音声、両方に日本語があるものを使いましょう。
ここでは、僕の大好きな映画「Little Miss Sunshine」を使って解説していきますね。(これほんと名作!)

まずは1-5分くらいの長さで「この映画の中の、このシーンの英語を理解したい!」というシーンを選びましょう。(やり方が掴めるまでは、少しずつ進めましょう。)

シーンが決まったら、以下の順で進めていきます。

Step 1. 音声=日本語、字幕=英語(通常の字幕と逆)で見る
Step 2. 知らなかった単語/表現をノートに書き出し調べる
Step 3. 音声=英語、字幕=英語で見る
Step 4. 音声=英語、字幕=ナシで見る

ではStep1-4を、詳しく解説していきます。

Step 1. 音声=日本語、字幕=英語(通常の字幕と逆)で見る


Step 1でのゴールは、単に「内容を理解する」ということです。この「音声=日本語、字幕=英語」という設定で映画を見た事がある人はほとんどいないと思いますが、音声=日本語なので、見れば内容は理解できます。

 

Step 2. 知らなかった単語/表現をノートに書き出し調べる

Step 2でのゴールは、自分にとって新しい英語をインプットする時間です。紹介したいのはスクリーンプレイという本。映画のセリフが全て掲載されており、日本語訳と、さらに英語の解説なども付いていて、映画で英語を学びたい人にうってつけの本です。お気に入りの映画のスクリーンプレイがゲットできるのであれば、ぜひを活用しましょう。

Little Miss Sunshineのスクリーンプレイ↓

見たい映画のスクリーンプレイが売られてない場合は、以下のABのどちらかの方法で進めてください。

A. 映画を再生 → 字幕が出たら一時停止 → 知らない単語や表現を書き出す → 再生 という作業を繰り返して、知らない英語を抽出。
B. 「(映画のタイトル)+ script」でネットで検索 → ネットで映画のセリフがゲットできます。その中から該当するシーンのセリフを見つけて、そこから知らない英語を抽出。(”Little Miss Sunshine script” で検索するとこんな感じこんな感じ

 

要するに、聞き取りたいシーンの「英語テキスト」で英語を確認し、英語表現を全てインプットできればOKです。そして「英語字幕を読めば、ほぼほぼ理解できる」という所までもっていきましょう。

Step 3. 音声=英語、字幕=英語で見る

Step 3でのゴールは「読んで理解でき、聞いてもざっくり理解できる感覚」をつかむことです さあ、ここでステップアップですね。音も字幕も英語です。

この時に「字幕通りに絶対発音してないやんけ!」ということが起きます。実は、ネットのスクリプトが間違ってる時もあるし、DVDの英語字幕の通りに俳優さんが言ってないことも結構あります(アドリブなのかな?)

そういうのを除いて、英語字幕では理解できても聞き取れない場合は「発音がわかってないこと」が、聞き取れない原因です。例えば

“Do you want him to call you?”

って字幕で出てるのに、発音はどう聞いても「ドュワニムゥカリュ?」くらいにしか聞こえない、ホントにそう言ってる???みたいなことです。

ここで練習タイムです。最短でリスニング力を身に付けたいなら、発音のルールをプロから教えてもらうのが早いですが、ご自身でやる場合は「ものまね芸人」のつもりで、とにかく「音を完璧にモノマネする」ということを強く意識してください。集中すべきは「音」です。

“Do you want him to call you?”

を「ドゥーユーウォントヒムトゥコールユー?」だと思っているから聞き取れないのです。聴こえたまま、文字を無視!無視!無視!「ドュワニムトゥカリュ?」と聞こえるならその通りに声に出して、モノマネする練習をしてください。

100回くらいやると何かが聞こえてきます。数日に分けてやるとますます良いので、「ものまね」を全てのセリフに対して行いましょう。

「ここは聞き取れる!」という箇所を増やしていくイメージです。聞き取れない箇所は、しつこく何度もやりましょう。

Step 4. 音声=英語、字幕=ナシで見る

Step 4で仕上げです。ここでのゴールはもちろん「字幕ナシで見て、100%理解できる」を目指します。ここまでの段階で覚えてしまっている部分も沢山ありますが、それでOKです。
この時に、「このシーンは100%理解できるぞ!」ってなると、相当気持ちがいいです(笑)

「うおー、聞き取れる!超気持ちイイ!!!」

この感覚をぜひ体験して欲しいです!当スクールでも、このトレーニング方法はかなりやるのですが、皆さん「超気持ちイイ!!!」ってなります。こうやって「100%理解できる、超気持ちイイ体験」を沢山沢山していくことで、ある日あなたのリスニング力は「ボン!」って突き抜けます。
この体験を10回くらいやると、明らかにリスニング力がアップしたことを体感できるようになります。

大丈夫です、絶対できます。やれば絶対できるようになります。

まとめ

以上が、「映画を字幕なしで見れるトレーニング方法」です。正直言ってかなりハードですが、いつも言ってるように「英語の勉強をがんばらなきゃ!」って思ってやったら挫折しますからやめてください。そうではなく、「私の目的は◯◯。その実現のために楽しんでやってみよう!」というスタンスで取り組んでみてくださいね。

 

さらに詳しく英会話のコツを知りたい方へ

500名以上が登録している、元シルクドソレイユ通訳、Youは何しに日本へ?でも通訳も務めた岩崎の辿り着いた7日間の無料メール講座「英語が話せる7つの習慣」では、英語が話せるようになる方法をわかりやすく大公開中。無料登録で今なら動画【間違えていませんか?For と To の使い方】をプレゼント!

Pocket