Pocket

Hey everyone!
英会話のNEW 岩崎です。

2014 FIFA World Cupは、ドイツ優勝でフィナーレを迎えましたね〜。
(にわかファンなので、詳しくはわかりません・・・すいません^^;)

日本代表は残念な結果でしたが「試合後の選手たちが会話しているのを見ながら、ホンマに英語を勉強したいと思ってます!」というメールをサッカー大好きな友人から頂いたり、「もっとできるようになりたい!って改めて思いました」と仰るスポーツトレーナーの受講生もいて、英語に対するモチベーションが上がっている方も多いみたいです。

では、実際に日本代表の選手が話す英語を見てみましょう。

本田圭佑選手、2011年の英語。

GKの川島永嗣選手は、7カ国語話せるそう。英語は0:22あたりから。

元代表ですが、中田英寿選手の英語。比較的レベル高いです。

いやーー、みなさんどう思われますか? これを見て、「ヘタクソだ」「ダサい」と言う方もおられるみたいですが、僕は素晴らしいぃぃぃ!と思いました。

なぜって、完全に外国人と英語で「コミュニケーション」できているからです。

・・・それにしても、こんなにも「日本人は英語が話せない」って言われてるのに・・・

・・・何だか、矛盾を感じません?


なぜ、忙しいはずの彼らがこんなに話せるの?

彼らはサッカーのプロですから、常人にはない才能があって、だから語学も堪能なのだ・・・という様なことはないと思います(笑)
むしろ学生時代からサッカー一筋で、英語の勉強なんて放ったらかしだったのではないでしょうか。そしてプロになってからも、普通に考えて僕ら一般人よりも何倍も何倍も忙しい日々を送っているはずです。それでも短期間で話せてしまう・・・・こんなことをされたら、「忙しいから英語をやる暇がない!」という理屈が通らなくなってしまうじゃないですか(笑)

一体彼らはなぜ、こんなに話せるようになるのでしょう?? 

ここには大きく3つのポイントがあると考えます。

 

1.間違えることを恐れず大きい声で話している

特に本田選手はそうですが、日本人的目線から見ると間違えまくってます。日本の学校なら、×印のオンパレードでしょう。(三人称単数のSとか、前置詞とか!)
ところが全然パーフェクトにコミュニケーションできていますよね。インタビュアーも聞き返したりしていません。

発音もかなり微妙、なのに通じる。それはなぜかというと、「大きい声で話している」からです。
弊社講師のアメリカ人・Danにもこの動画を見てもらいましたが「確かにGrammar力はもう少しあった方がいいだけど、全く問題なく理解できるし、コミュニケーションに成功してるね」 との事です。

「間違えたらどうしよう」と思ってると、でかい声なんて出せません。
「こっちは日本人。間違った英語で話すから、ええ感じに解釈して理解してね!」
僕は初心者のウチから、このマインドを育てることが大切だと常々思っています。

Make mistakes!!!ですね^^

.

2.あらかじめ話す内容を決め徹底的に練習している

彼らはサッカー選手。英語を話す必要性がある場面は、必然的に限定されてきます。
試合後のインタビュー、練習中のチームメイトや監督との会話、ケガをしたとき・・・
それらの場面を想定し、「そこで自分が一体何を話すのか?」これを徹底的に練習したと思います。

「空港でのワンシーン」とか「電話口での英語での対応ロープレ」とか、やってないと思います(笑)
やってるとしても、レッスンのかなり後でしょう。
まずは、「自分が話したい事、話す事に的を絞ってトレーニング」を徹底し、「練習したものは自信を持って話せる」、という状態を作り上げたんだと思います。
一旦それができると、後はそこから膨らませていけば英語学習は一気に加速します。

「一点突破」

サッカーでもそんな戦略がありそうですが、日本人で大人が今から英語を話せるようになりたいのなら、英語もこの「自分が話したいことを英語で学び、徹底的に練習する一点突破法」がベストだと思います。

.

3.プロのコーチをつけている

コーチの必要性についてはまた書きたいと思っていますが、例えばサッカーを習う時でも、必ずコーチを付けますよね。
英語を習う時にも、彼らには専属のコーチがいたはずです。専属のコーチをつけることで、独学で学ぶよりも、単純に習得までの時間と労力が軽減されます。あと何より大きいのは、「この学習方法でいいのか?」という迷いも、よいコーチに出会えれば軽減されるし、学習が楽しくなると思います。単純に考えて、彼らが独学で言語を身に付けたとは思えませんよね?


(出典| JFA|公益財団法人日本サッカー協会)(2018のWorld Cupもアツい!)

まとめ

①間違えることを恐れず、②話す内容をあらかじめ決めておき、③プロのコーチをつけて練習する。以上が3つのポイントになります。手前味噌になってしまいますが、当スクールの「3ヶ月マンツーマンレッスン」では上記3つのポイントを押さえながら、個人個人の現在のレベルと将来の目的に合わせた完全オーダーメイドのレッスンを提供しています。興味がある方は、サービス一覧より「マンツーマン英会話3ヶ月集中コース」のページをご覧下さい。

サッカー選手を見ていても思いますが、いくら理屈や文法を勉強しても、使わないと使えるようにならないのが英語

使える英語が無料で学べる!と大好評なのが、「英会話のNEW・英語が楽しくなるLINE@」です。登録すると、月・水・金に「使える英語フレーズ」が無料で届きます。

元シルクドゥソレイユ通訳の私・岩崎と、弊社ネイティブ講師が厳選した単語・フレーズなので、「これは使える!」と大変好評です!
英語が楽しくなるNEW LINE@ 無料登録はこちらから!
↓↓↓
友だち追加

弊社スタッフのMikiが、元気いっぱいにお届けします!

 

外国人と交換日記しませんか?

・言いたかった表現を、自然な英語にできるのが嬉しい!
・こんな表現があるんだ!っていう発見が楽しい
・返事はまだかな?って英語のことを考えてしまうー!

そんな声を沢山頂いている
「外国人と交換日記プログラム」 が大好評です!サッカーの話題ももちろん大盛り上がり中!笑

交換日記の詳細はこちら!
header-pc

(追記:2018/06/28)

Pocket