Pocket

 

「岩崎さん、実は英語始めたんですけど、

 最近やる気が出なくって・・・」

 

「あらら、そうなんですか?」

「モチベーションが下がってきちゃいました。」

「なるほど」

 

「始めた時は、やるぞ!って気合いでモチベーションも高かったんですが、ダレてきちゃって。
モチベーション上げていかなきゃって思うんですけど、どうしたらいいですか?」

 

「モチベーションに頼らなければいいんじゃないでしょうか?」

 

「・・・は?」

 

「少し整理させて下さいね。
モチベーションという言葉ですが、どういう意味で使っていますか?」

 

「まあ、「やる気」とか、「やるぞー!」って感じですね」

「なるほど。では、今はその「やる気」「やるぞー!」という気持ちがあまり感じられないということですね?」

「そうなんです、最初はめっちゃあったんですけど」

 

「では逆に言うと、

「やる気」「やるぞー!」という気持ちを感じられる時だけしか英語をやりたくない、ということですね?

 

「・・・まあ、そういうことになっちゃいますね」

 

「ありがとうございます。では、

「やる気を感じられる時だけやる」というAさんと、

「やる気があろうがなかろうが、やると決めたことはただやる」というBさんがいたら、

3か月後に、どちらが結果を出していると想像できますか?」

 

「・・・まあ、段々わかってきましたよ。当然、Bさんですね」

 

「ありがとうございます。

 

では、もしあなたが行動を重ねて、結果が出てる!成長してる!

英語、話せるようになってきた! ということを感じることができたら、

その時、あなたの「モチベーション」はどうなりますか?」

 

「・・・岩崎さん、そりゃもうマックス最高にいい感じですよ」

 

「ですよね。

モチベーションに頼らないというのはそういうことです。

やる気があるからやるんじゃないんです。やるからやる気になるんです。

 

「なるほどねぇ」

 

「今のあなたは、モチベーションの上下に振り回されている状態、と言えるかもしれません。

そんなもの気にしないで、やると決めた行動をやってれば、やる気は勝手に出てきますよ」

 

「なるほど。

・・・でも、理屈は何となくわかりましたけど、実際にどうすればいいんですか?

やる気になれない時もやる、というのは、何だかとってもムズかしそうです・・・」

 

 

「ああ、それならいいとこありますよ。確かNEWとか何かいうとこで・・・

・・・・・・・・・・お後がよろしいようで(笑)

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  ■大好評!無料レポートはこちらをクリック     

      ↓↓↓

 「英語が話せる7つの習慣」

 

 

いつもありがとうございます。

「いいね!」と思って頂けたら、

応援の1クリックをお願いします!

 

 

Pocket